実力主義の企業が増えている?

ローンなどの審査基準について

年齢や勤続年数に応じて、黙っていても昇給することのできる年功序列型の給与体系。
今現在でもこの給与体系をとっている会社が多いです。年功序列制は長く勤めれば勤めるほど収入が高くなっていきます。
また、年齢が高くなるにつれて収入が高くなっていくので、長く勤務しているベテラン職員はかなり高収入です。

そういった給与体系の企業がほとんどだったころは、長く勤めることが仕事に対しての責任であり、信頼でもあると評価され、クレジットやローンを組む際、クレジットカードであれば1年以上であったり、住宅ローンなどは3年などと、一定の勤続年数の基準が設けられていました。
然し、実力評価型の給与体系の企業が増えるにしたがって、短期間で年功序列制の企業から実力評価型の企業へと転職する人が増えてきました。
女性たちも年功序列型では十分な昇給が望めないことから、実力評価型の企業に転職して収入アップを図る人たちが増えてきました。
これによって、長く勤務しているということが仕事に対しての信頼であるという概念は薄くなりって着ています。
そういった社会の流れに伴って、クレジットやローンの審査基準であった勤続年数もだんだん短縮傾向にあり、今ではローンやクレジット会社によっては勤続年数の規定もないところが多くなってきています。
勤続年数が短い人でもローンやクレジット契約ができるようになったとはいえ、銀行や信販会社によっては勤続年数の規定があるところもありますので、詳しいことは自分が契約しようとしている銀行や信販会社にお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です