実力主義の企業が増えている?

自分の実力を分析しよう

女性の社会進出の増加や、IT企業など、若手や女性たちがどんどん企業を成長させることができるような時代になると、黙っていても収入が上がっていく年功序列型の仕事より、仕事の実力や成果を評価して給与を支払う実力評価型の企業のほうが生き生きと会社を成長させるようになりました。
実力評価型は会社で決められた仕事に関する実力やスキル、経験などの評価基準に基づいて一人一人の評価をきめ、給与を算定していくため、勤続年数や性別、年齢は一切関係なくなります。
そのため、いくら勤続年数が長くても収入がアップしない人もいれば、勤続年数が短くてもどんどん収入がアップしていく人もいます。
自分は今の仕事で仕事に対する経験や実力をつんだからといって、何も考えずに転職すると若手でもっと実力を発揮できる人に負けてしまい、今までより収入が下がってしまうこともあります。
ですから年功序列型の給与体系の企業から、実力評価型の給与体系の企業に転職して収入アップを図ろうとする場合には、今の仕事での勤続年数や自分の仕事に対しての実力を冷静に判断する必要があります。
40代を過ぎ、年齢、勤続年数ともにかなり長くなった場合には、いくら実力があって仕事に評価が出せても今の職場のほうが収入が高いかもしれません。また逆に20代後半の働き盛りであれば転職によって収入アップは十分期待できます。転職における収入アップを狙うには、冷静な判断とタイミングが特に大切です。一人で走ってしまうのではなく、人の意見も聞きながら転職を成功させましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です